加藤内科クリニック   内科・循環器内科

     名古屋市東区飯田町34  飯田町交差点角















加藤内科クリニック
内科・循環器内科
名古屋市東区飯田町34
TEL:052-935-6000


土曜午後、日曜、祝日以外は
毎日診察しています
午前診: 9:30〜12:30
午後診:15:30〜18:30

専用駐車場12台分あり

      風疹予防接種





 
平成25年6月14日より名古屋市に住民登録のある方風しん予防接種助成制度が始まりました。




名古屋市風しん予防接種の費用助成について


 風疹の流行拡大を防止するため、名古屋市では、風しんの抗体検査(自費)の結果免疫が

 不十分だった方について、無料で予防接種を行うことが決定されました。

 ※抗体検査は制度開始前に受けたものでも構いませんが、まず抗体検査を受けてください。

 抗体検査は自由診療のため、5400円(税込)かかります。


実施期間

 平成31年3月31日まで

 ※期間外に受けた予防接種は対象外となります。


対象者

  名古屋市に住民登録のある方で、(1)(2)をともに満たす方

  (1) ア〜ウのいずれかに該当する方

      ア 妊娠を希望する女性

      イ 妊娠を希望する女性のパートナー

      ウ 妊娠中の女性のパートナー

  (2) 事前の抗体検査の結果が以下に示す数値に該当し、風しんに対する免疫が不十分と判断された方

     男性の場合 HI法で16倍未満の方、またはEIA(IgG)法(デンカ生研株式会社製キット)で6.0未満の方

     女性の場合 HI法で32倍未満の方、またはEIA(IgG)法(デンカ生研株式会社製キット)で8.0未満の方

  


予防接種の受け方

 ワクチンの入荷状況が分からないので、まずは、お電話ください。

 事前の申請手続き等は必要ありませんので、接種当日に抗体検査の結果が確認できるもの(検査結果の

 通知や、 妊婦健診の場合は母子健康手帳の記録など)と名古屋市に住所があることが確認できるものを

 窓口で提示してください。

 なお、風しん単独のワクチンは供給不足となっていることと、風しんの免疫が無い方は麻しん(はしか)の免疫が

 無い割合が高い傾向にあることから、名古屋市の予防接種では麻しん・風しんの混合ワクチンを使用します。



風しん予防接種の注意事項

   妊娠中の女性、妊娠の可能性がある女性は接種できません。

   女性は接種前1ヶ月程度避妊し、確実に妊娠していない状態で

   接種を受けて下さい

   女性は接種後2ヶ月間の避妊が必要です。

   

   風しんの予防接種は、生きた弱毒風しんウイルスを接種し、感染して免疫をつける生ワクチンです。

   妊娠中に予防接種を受けた場合、ワクチンに含まれる風しんウイルスによって先天性風しん症候群が起こる

   可能性が理論上否定できないため、妊娠の可能性がある場合は接種できません。

   また、接種後は体内からウイルスが消えるのを待つために、2ヶ月間の避妊が必要です。

   ただし、万が一接種後に妊娠が判明しても中絶を考慮する必要はありません。ワクチンに含まれる風しん

   ウイルスは毒性が弱いため、実際に予防接種が原因で先天性風しん症候群が発生した事例はなく、

   そのリスクは極めて小さいものと考えられます。

   なお、男性が接種する場合の避妊は必要ありません。





※詳しい事については、加藤内科クリニックにお問い合わせください。

 TEL 052-935-6000 です。



      

名古屋市東区の小児予防接種、循環器内科


名古屋市風しん予防接種費用助成制度のHPはこちら


                          痛くないように

              細い針を使っているよ



名古屋市東区の小児予防接種、内科